紙バンド生活~かご編みと山の暮らし

かご編み大好き、自然が大好き、いつも何か作ろうと考えてます

紙バンドの余りひも活用、第2弾! 紙バンド絵手紙

こんにちは。山のかご編み屋さんことkeitamaです。

 

前回の記事で、紙バンドの余りひもを使って

ハンガーに巻き付けてアレンジしてみましたが、

今回は再度、紙バンド絵手紙に挑戦してみました。

 

いろんな方が紙バンドで見事な立体的な花を作られていますが、

平面的に草花や木々を、作ることが出来たら・・・

初めはほんの小さな一部分を切り取るところから。

 

余りひもの使い道としては、大したことはないけれど

作っているときの楽しさはとても大きなものです!

 

 

今朝、山道の散歩をしていたら、山椒の木に出会いました。

朝露にしっとりとしたその葉からいい香りがするかしらと

顔を近づけると

なんて小さな、山椒の幼い実!

f:id:kamiban:20190602090015j:plain
今生まれたところです、と言わんばかりに

あまりにも小さくていじらしくさえ思えます。

 

これがあとひと月もすれば、立派な青山椒の実となるのですね。

負けないでしっかり育ってねと言いたくなりました。

 

そして早速、今までにたまっている紙バンドの切れ端を出してきて

色選び・・・

ハサミでパチパチパチと小さなパーツを黙々とカットして

ハガキの上にのせる楽しさったら!

 

 

f:id:kamiban:20190602085303j:plain

 絵手紙をやってみたいと常々思ってはいるものの、
やっぱり、いざ挑戦してみると難しいものです・・・

作っているときの愉しさに免じて、写真の投稿お許しください。

 

それにしても、紙バンドの可能性って本当に広い!

まだまだ何か面白いこと出て来そうです。

紙バンドの余りひも、

有効活用、大量消費、楽しい消費への道はこれからです。

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。