紙バンド生活~かご編みと山の暮らし

かご編み大好き、自然が大好き、いつも何か作ろうと考えてます

紙バンドの余りひもと和紙のコラボレーション!ランプシェード

 

 こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。

 

今回は300cmほど余った紙バンドを使って

ランプシェードを作ってみました。

f:id:kamiban:20190620103512j:plain

f:id:kamiban:20190620103548j:plain

中はこんな感じです。

 

季節がよくなり、夕方から夜にかけて

外で過ごす時間がふえてきました。

西日が射して山の木々がオレンジ色に染まる時間。

日が沈み、夕暮れ時に空に浮かぶ ピンク色の雲が

形を変えながらゆっくりと流れていく時間。

金色に輝いていた山々の稜線が

やがて来る夜の青さに向かって 静かに変化していく時間。

 

どの時間も美しい時間ですが、

そのあとにやって来る夜の時間もまた格別です。

そこで、ランプシェードの登場です。

 

山の夜は真っ暗です。

まわりを取り巻く木々は更に黒く影絵のように見えます。

月明かりが射していてもなお、影が濃くなって・・・

 

そんな中でろうそくに火を灯し、シェードをかけます。

f:id:kamiban:20190620194734j:plain

ろうそくの炎が揺れるとシェードの灯りもゆらめき、

山の暗闇の中に幻想的な空間が現れます。

静かなゆっくりとした時間が流れます。

 

 

 

ランプシェードの 材料は、

・ 紙バンドの余りひも (何色でもOK) 300cm程度

・ 和紙   47cm×30cm 1枚

・ 横ひも  12本幅 45cm × 3本  

  横ひもを2cm重ねてボンドで貼って輪にします

f:id:kamiban:20190620103615j:plain

 ・縦ひも  12本幅 30cm × 4本

   縦ひもに輪にした横ひもを3段に貼ります

f:id:kamiban:20190620103641j:plain
  これで基本の枠組みが出来ました。

・模様ひも  適宜

   枠組みの幅とは変化をつけ、6本幅、3本幅など

   好きな幅で好きなように、模様を描くように貼っていきます。

  わたくしは、取りあえず6本幅でらせん状に巻きました。

f:id:kamiban:20190620103709j:plain  f:id:kamiban:20190620103751j:plain

 

お好みのセンスで 巻いても、ストライプでも、輪をたくさん重ねても!

 自分だけの模様がろうそくの炎に照らされるのを想像して。

 

  もう少し模様を入れたくなりましたが、紙バンドが足りないので

  別の余りひもを持ってきました。

f:id:kamiban:20190620104226j:plain

  色が違いますが、気にしないで使いました。

f:id:kamiban:20190620103825j:plain

  今度は3本幅でクルクル巻いて・・・

 

f:id:kamiban:20190620110310j:plain

  枠組みの完成です。

  後はぐるりと和紙を貼って全体の完成です。

f:id:kamiban:20190620103957j:plain

      電球とは違ったやさしい炎のゆらめきで

      非日常の世界へと誘われるでしょう。

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

このブログは下記ランキングに参加しています。

クリックしていただければ 今後の励みになりますので

どうぞ よろしくお願いいたします。

 


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村