紙バンド生活~かご編みと山の暮らし

かご編み大好き、自然が大好き、いつも何か作ろうと考えてます

使い道はいろいろ~ただ物ではないティッシュケース

 こんにちは。山のかご編み屋さんことkeitamaです。

 

 

何年か前から、人気のデザインのティッシュケースを作っています。

ひとつ作れば それこそ丈夫なので何年も使えます。

自分で使うのもよし、プレゼントにしてもよし、で とても喜ばれます。

作る方にとっても楽しく、もらう方にとっても嬉しい一品です!

 

持ち手を付けたり、編み方を変えたり、あるいは飾りをかえたり・・・

毎回少しずつデザインを変えますが、サイズは基本的には同じです。

最近の 講座で作った作品はこれです。

f:id:kamiban:20190816134749j:plain

 

これは、色違いです。花飾りも好みで増やしてあります。

f:id:kamiban:20190816134818j:plain


 

このティッシュケースのどこに人気の秘密があるかと言いますと・・・

使い道がたくさんあるところです。

ティッシュケースだけにとどまらず、文庫本、CD、DVD、コミック入れに。

 

  f:id:kamiban:20190816165609j:plain             f:id:kamiban:20190816150031j:plain

 

  f:id:kamiban:20190816150227j:plain           f:id:kamiban:20190816150158j:plain


   

更にはキッチンでも、お茶セット、薬入れなど、アイデア次第で

どんな風にも使える雑貨入れなのです。

 

f:id:kamiban:20190816150101j:plain  f:id:kamiban:20190816150129j:plain

 

 そして サニタリーでも。

 タオルを入れたり、石けんや入浴剤の ストックを入れたり出来ます。

 トイレットペーパーなら2ロール入ります。

f:id:kamiban:20190816151854j:plain

 

もちろん、リモコンやどんな雑貨を入れても

テーブルの上でかわいらしく使うことが出来ます。

 

講座の方も、いくつもいくつも編んでいらっしゃる方がみえます。

ふた付きのティッシュケース専用バージョンもありますが、

それはまた、後日紹介させていただくとして・・・

とにかくこのケース、おすすめです!!

 

 

 

詳しいレシピはこちら↓ 

kamiban.hateblo.jp

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

このブログは下記ランキングに参加しています。

クリックしていただければ今後の励みになりますので

よろしくお願いいたします。

 


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

お盆休みはわがままに!自分用かごバッグ編みました。

こんにちは。山のかご編み屋さんことkeitamaです。

 

毎日毎日、ギラギラと太陽が照りつけ暑いことで・・・

日陰を見つけて歩くものの、やはり、暑いです。

山暮らしでも耐え難いものです。

 

とは言え、犬は元気です。以前記事にちょっとだけ

書いたことがありますが、15歳の老犬sheraの元気なこと!

散歩なんて言わなくても、玄関に向かって歩いていくと

「時間ですね!」という感じで走り寄ってきます。

家の外に出ればピョンピョン跳ねて、のびのびと走り出します。

後期高齢者くらいのおばあさんなのですが、

子犬のような無邪気さです!

酷暑というのに、犬のsheraも 山の木々もへこたれてません。

 

ということで、そのパワーをイメージしつつ、

『夏』をテーマにわたくし自身のかごバッグを編むことにしました。

 

f:id:kamiban:20190814191311j:plain

草も木も茂りに茂り、辺り一面、緑で覆いつくしてしまう

生命力をビビットな緑色で、

そして、子犬のような老犬sheraの軽やかさを

気軽に持ち歩ける形として表してみました。

 

f:id:kamiban:20190814191354j:plain

 

マグネットは台座をつけて、こんな風に取り付けました。

f:id:kamiban:20190814191423j:plain

今日早速、使ってみました。

サイズや形は持ち歩きやすくて良かったのですが、

しっかり感を出そうとしてニスを強く塗りすぎたようで

口元が固くなってしまいました。

次回はもう少し加減するとしましょう。

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

このブログは下記ランキングに参加しています。

クリックしていただければ今後の励みになりますので

よろしくお願いいたします。

 


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

『大きな雑貨かご』、これも講座で作ることが決まりました!


こんにちは。山のかご編み屋さんことkeitamaです。

 

以前の記事、『大きな雑貨かご6つ!これは、編み甲斐がありました!』

で紹介した大きな雑貨かごを講座で編むことになりました。

 

講座で作る作品は、進み具合を見ながら大体 わたくしから提案させて頂きますが、

「もし、作ってみたいものがあれば教えてください。」

とお伝えしています。

はじめにリクエストがあったのは、大きな手さげかごでした。

講座の材料を運ぶために、いつも2,3種類のかごを持ち歩いていましたが、

それが人気でした。

その頃はまだ講座が始まって間もなかったので

すぐには編み始められませんでしたが、この前ついに念願の大きな手さげかごを

みなさん、編み上げることが出来ました。

 

今年度の講座は大きなかごを編むことがテーマなので、

持ち歩ける手さげかご の次に、家の中で使うタイプの

大きな雑貨入れのかごを編むことにしました。

 

 保育園から依頼を受けて作ったのは、これです。

f:id:kamiban:20190626170852j:plain

とても大きくて頑丈なので、子どもも入れそうな感じです。

お子さんのいらしゃる家庭でしたら、おもちゃ入れには最適です!

 ほかにも、こういうのも。

f:id:kamiban:20190811165823j:plain   f:id:kamiban:20190811165745j:plain

 

使い方はその人のセンス次第です。

タオルやシーツを入れることしかり、衣類の収納カゴとして、

または趣味のグッズ入れとして。食料品のストック入れとして。

 

わたくしはもちろん、かご編みの材料入れ、編みかけの作品入れ、

キット入れ、レシピノート入れに試作品入れとして。

部屋中、自分用のかごだらけになっています!

整理整頓が苦手なこともありますが、とにかく、

ここにドサッと入れれば片付くのですから 大きなかごというのは便利です。

 

というわけで、少しデザインをかえて試作に入ろうと思います。

部屋に置いてもインテリアとなるようなものが出来たら最高です。

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

お中元の代わりに~気軽にかごバッグ

こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。

 

今朝は最近では珍しく、爽やかな風がそよいでいました。

久しぶりに山の散歩に出かけ、驚きました。

なんと、山の道下の土手にススキの若い穂が出ています!

f:id:kamiban:20190808201211j:plain

まだ、お盆を迎える前だというのに。

そしてその向こうには黄色い女郎花ーーー

群生せずにこちらに一本、あちらにまた1本と

まばらに咲いている姿ははかなく、可憐です。

 

 7月はかご編み三昧でしたが・・・要するに毎日のように

せっせとかご編みをして忙しく過ごしていたわたくしです。

この時期は、

「お中元というのも堅苦しいので、

親しくしている方に気軽にかごバッグや雑貨入れなどを贈りたい」

と、注文される方がいらっしゃいます。

 

注文は好みに合わせていろいろです。

シックな感じでという方もあれば、夏らしい感じでという方もあり、

また、着物に合うようなデザインで・・・など、様々です。

 

今回で一番人気はラタンひもを使った、肩にかけられるバッグでした。

 

f:id:kamiban:20190806192804j:plain

夏らしく、持ち歩くのにちょうどいいサイズです。

これは横長ですが、 形も希望は色々です。レース編みのねこも可愛らしい!

 

f:id:kamiban:20190806192827j:plain

これが一番多かったでしょうか。

レースのモチーフは購入してボンドで貼りました。

 

f:id:kamiban:20190806192857j:plain

バケツ型もなかなか良かったです。

 

持ち手は伸ばすと大体これくらいの長さです。

f:id:kamiban:20190806192929j:plain

腕に掛けても、肩に掛けてもいい長さです。

このモチーフは わたくしが編んだものです。

 

ラタンひもは編んでいくうちにぐにゃぐにゃになって

シャンとしないので、形を整えるのに苦労します。

まだまだ未熟なわたくしです。

 

 お月見までススキの成長を日々 眺めるとともに

自分の成長も見守るとしましょう。

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

紙バンドで編んだペン立てと封筒入れ~事務所で大活躍?

 

こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。

 

梅雨が明けた途端に夏、全開です。

山の中はむせるような草いきれ・・・

太陽がギラギラと照りつけるも、何食わぬ顔で

木々は生き生きと茂りっています。

この暑さでは山の散歩もサボりがち・・・

しかし実のところ、暑さを理由に大きな顔をして

かご編みに熱中することができるのです。

 

知り合いの方の 知り合いの方が、

「事務所で使いたいんだけど、ハガキや封筒を入れるピッタリのサイズの

入れ物がなかなか見つからない」と困っていたそうで、

「そういうサイズに合わせて作れるでしょうか?」

と相談を受けました。

「それはもう、お手の物です!紙バンドの得意分野です!」

わたくしはすっかり楽しくなって、早速どれくらいのサイズがいいか

尋ねていただきました。

 

ペン立ては直径6cmで高さが8cmくらいの円筒形、

封筒入れは横が25cmくらい、ということでした。

形はそうでもないのですが、色にこだわりがあるということでした。

オレンジ色が大好きな方だそうで、そう言えば以前、

とても明るいオレンジ色単色のかごバッグの注文を受けたことがありました!

「あの方ですね」ということで話がよく分かりました。

ただ、事務所に置くので爽やかなムードでーーー

全体は白色で、オレンジ色の模様を入れて作ることになりました。

 

そこで考えたのがこれです。

f:id:kamiban:20190805061909j:plain

白色で清楚な感じに、そしてオレンジ色の花をあしらって

セットで作ってみました。

わたくしが作っているものの中で 一番好きな『小さなバラ シリーズ』 です。

この『小さなバラ シリーズ』は他にも、小物入れやティッシュケース、

カトラリーケース、雑貨ケース・・・いろいろ制作しています。

 

この封筒ハガキ入れはカトラリーケースをもとにしてシンプルに作りました。

f:id:kamiban:20190805061937j:plain

ふちひもと持ち手はお揃いの三つ編みで。

f:id:kamiban:20190805062004j:plain

ペン立ては2つの注文ですが、それもまたお揃いで。

f:id:kamiban:20190805062044j:plain

 

この作品が飾っていただける事務所は

どんな雰囲気のお部屋なのでしょうか。

それ以前に、まずはお気に召していただけますように・・・

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

夏に活躍するかごバッグ~時期到来!

 
こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。

 

注文品のかご作り、作品作り、講座等々、慌ただしく過ごしていたら、

なんということでしょう⁈    もう、梅雨あけの時期に!

辺りではセミの声が にぎやかになり、夜はカエルの大合唱です。

時が経つのは早いもので、真夏の陽射しが すぐそこまで来ています。

すっかりご無沙汰してしまいました。

 

今回の注文は夏に活躍するかごが中心でした。

かご そのものが夏っぽいのですが、先ずは配色でしょうか。

やはり、涼しそうなものや、ビビットなカラーが人気でした。

 

中でも、わたくしのお気に入りは こちら

f:id:kamiban:20190724134304j:plain

 

基本的な編み方を組み合わせて作りましたが、

涼しげでシックな感じになったと思います。

 

網代編みで底面を編み始め、

f:id:kamiban:20190724133612j:plain

 側面は、

12本幅で網代編み3段、

2本幅でねじり編み1周、

6本幅ブルーで網代編み18段、後は繰り返しで

2本幅でねじり編み1周、

12本幅で網代編み3段、

 

仕上げの縁かがりは、ブランケットステッチで。

f:id:kamiban:20190724134701j:plain

 

変な話ですが、出来上がったら手放したくなくなってしまいました。

そうしたことがよくおこって、つい、同じデザインのものを

編んで手元に置きたくなってしまうのです。

全部を使うわけにもいかないので 飾ってありますが、

ところ狭しとなっていて、積み上がってしまいそうです。

 

梅雨が明ける前に、アジサイを生ける花器を作りたい、

山に咲き広がる白い数多くの花々をモチーフにした飾りを作りたい・・・

やりたいことがいっぱいなのに、

それでも断念できずに、今回も 同じものをもう一つ編むことを

心に決めているわたくしでした。

 

 今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

紙バンドのかごは自由自在!いろんな発想でどんなものでも!

 

こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。

 

今回、またしても、紙バンドって自由だなぁと思いました。

本当に好きな形、好きなサイズ、好きな色で何でも編めてしまうのです。

 

知り合いの方で、すてきな俳画を描いていらっしゃる方がみえます。

花をこよなく愛されていて、

手入れの行き届いた見事な庭に、季節によって咲く花々。

その折々に、時間をかけてスケッチされるそうです。

そして愛おしむように、ひと筆、またひと筆、心を込めて色をのせられた

貴重な絵を見せていただきました。

 

f:id:kamiban:20190710144105j:plain

 牡丹の花が語りかけてくるようです。

 

絵の展示会があると作品を会場に搬入します。

絵を大切に運ぶのはもちろんですが、額が傷つかないように、

ガラスが割れないようになど、額にもさらに気を使います。

額を箱に入れては持ち運びがしにくいということなので、

持ち運び用の手さげかごを作ってみました。

 

額の箱もそのまま入ってしまうサイズの、それは大きな手さげかごです。

f:id:kamiban:20190710140326j:plain

縦55cm×横70cm×幅8cm、

持ち手を入れると高さは80cmになります。

 

f:id:kamiban:20190710140349j:plain   f:id:kamiban:20190710140418j:plain

 

額の箱の幅に合わせて作りました。

初めは額が入る大きさに合わせて、 厚手の布のカバーに入れていたそうですが、

出し入れがしにくかったそうです。

紙バンドのかごは形がしっかりしているので使いやすいそうです。

布よりも固いので額の保護にも一役買っています。

しかも、軽いんです。

肩にかけて絵を持ち運びやすいと好評でした。

 

 

今度はどんなものを作ってみましょうか。

紙バンドで作った夏の椅子のカバー、どうでしょうか。

い草の座布団のようなのを編んだことがありますが、

これからシーズン到来です。

もう5年くらい前に編んだものが今も活躍しています。

一度編むと、何年も使えますので、紙バンドの耐久性に驚くばかりです。



 今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

コサージュ付きのバッグ~欲張りなわたくしは・・・

 

こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。

 

初級コースでコサージュを作り、バッグに付けました。

f:id:kamiban:20190707092520j:plain

 

大き目のコサージュがアクセントとしてバッグを引き立てます。

たくさんのモノを収納出来る使いやすいバッグです。

 

コサージュの作り方は、

芯の部分、

12本幅の紙バンド 1.5cm×10本 

これを1本幅で8mmの高さまで切り込みを入れます。

これは手間がかかりますが、よく切れるハサミなら切りやすいです。

 

f:id:kamiban:20190707082813j:plain

こんな感じです。

 

f:id:kamiban:20190707082525j:plain   f:id:kamiban:20190707082552j:plain

下の部分にボンドをつけてクルクルっと巻きます。

後の9枚も同じようにカットして重ねて巻いていくと芯が出来ます。

 

そして、花びら(1) 4本幅 10cm×20本

    花びら(2) 4本幅 15cm×12本

  

これを1本ずつ端をボンドで貼って花びらの形を作っていくわけですが・・・

 

コサージュを作るレシピを書いていて、リボンを付けても可愛いなぁ 

何て思ってしまうのです。

講座では、「次回はコサージュの作り方をやります」と

言ってありますし、でもリボンも捨てきれない・・・

 

そこで わたくしは苦肉の策とでもいいましょうか、

両方とも作ってしまうことにしたのです。

コサージュはボンドで固定せず、取付ひもを付けることにして

「好きな位置に、その日の気分でいろんな所につけて楽しんで下さい。

リボンを付けたり、ラインを入れたりも出来ます。」

と、ちゃっかり リボンバージョンも紹介してしまいました。


 

f:id:kamiban:20190707075054j:plain

コサージュバージョン

 

f:id:kamiban:20190707075118j:plain

リボンバージョン
 

 真ん中のアクセントになっている側面ひもは、

上から別の色の紙バンドを差し込むだけで

簡単にイメージチェンジ出来ます。

ボンドで固定することもなく自由自在に、好きな色に変えられます。

ひとつのかごバッグで2度、いえ、何度も楽しい!

作りながら、ひとりでワクワクしてしまう わたくしでした。

 

 

 今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

使いやすい!A4サイズにぴったりのかごバッグ

こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。

 

知り合いの方でウクレレ教室に通っている方がいらっしゃいます。

「毎回、楽器と楽譜を持ち、自分のカバンを持って行くから

荷物が多くて持ちにくくて・・・何とかいい方法はない?」

とのことでした。

そこで、楽譜を入れる専用のかごバックを編んでみました。

f:id:kamiban:20190705065841j:plain

A4サイズに合わせて編みました。

縦32cm×横30cm×高さ33cmです。

持ち手の高さまで入れると高さは48cmになります。

 

 

この方はマクラメ編みが大好きなので真ん中に入れました。

f:id:kamiban:20190705065947j:plain

 

裏側はこんな感じです。

f:id:kamiban:20190705065908j:plain

 

お渡ししたところ、バッグにご自分で編んだ飾りをつけて

使っていらっしゃいました。これもまたバッグを引き立てます!

f:id:kamiban:20190705070019j:plain

楽譜もピッタリ収まって

とても持ち運びやすくなったと喜んで下さいました。

 

楽譜だけではなく書類でも雑誌でも、スリムなのでいろんなものを

入れて気楽に使うことが出来ます。

もうひとつ同じものを作って私も使っていますが、

スマートなサイズなので持ち歩きやすいです。

”大は小を兼ねる”で、ハードカバーの本や文庫本を入れ、

ペットボトルなども入れています。

 

 

ウクレレ教室では、先生のお薦めの楽器を購入する人が多いので、

みんな同じになって見分けがつかず、目印になるものが必要だとか。

ケースに付けるコサージュのような飾りをひとつ作って欲しいと

頼まれました。

 

またひとつ楽しみが出来ました。

どんなのがいいでしょう、いろいろ作ってみようと思います。

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

久しぶりの紙バンド絵手紙~やさしい枇杷の実の色

こんにちは。山のかご編み屋さんこと、keitamaです。

 

先日、枇杷をひと枝いただきました。

f:id:kamiban:20190702133529j:plain

淡いだいだい色は 何とも優しい色合いで、見ていると

心がふんわりとあたたかなイメージで満たされます。

ひとつ取って食べると、淡い甘みの柔らかな味。

貴重なものをいただきました。

 

山道を歩いていて 何年くらい前だったか、

ひとり生えの枇杷を見つけました。

鳥が種を落としたのか、何かの動物が食べたのか・・・

 

ヒノキ、スギ、ナラ、クリ、ケヤキ、シイ、カエデ、サクラにカキ、

数えたらきりがないほどこれらの木々は生えてきますが、

枇杷がひとり生えするのを見るなんて とても珍しいです。

散歩をするたびに、「ちゃんと生えている。大きくなってる。」

と見守って、何年が経ったでしょう。

f:id:kamiban:20190702133607j:plain

こんな所に堂々と生えています。

日当たりが良くないせいで 実がならないのかしら?

と思っていたのですが、調べてみると、

「桃栗3年柿8年、枇杷 早くて13年」

だそうです。桃や栗だって3年では実が付きませんから、

この枇杷の実を見るのは まだまだ先のことでしょう。

 

そして久しぶりに紙バンドの余りひもで

紙バンド絵手紙を 描いて?作って?みました。

ほんの少しですが、枇杷にピッタリの色が残っていたからです。

f:id:kamiban:20190702153052j:plain

こんな感じになりました。

枇杷の優しい色が 出せたでしょうか。

 

 

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。